モグワンを徹底解析

モグワンはアレルギーに悩んでいる犬にもおすすめできるの?

モグワンでアレルギーが改善するの?
「モグワンと私」編集長
「モグワンと私」編集長

こんにちは!「モグワンと私」編集者のヒロミです!

アレルギーには、ハウスダストやダニ、ノミ、花粉などのアレルゲンに触れることでアレルギー反応が起こる…というイメージがありますよね。

しかし、実際にはアレルギーの犬のおよそ4割が食物アレルギーということがあります。

愛犬が体をかきむしったり、下痢や嘔吐などの症状が現れた場合、それらのアレルゲンに触れただけでなく、食物アレルギーという可能性もあるので、毎日の食事には気を付けなければいけません。

もし食物アレルギーであれば、愛犬にぴったりのドッグフードを選ぶことでアレルギーが改善されるということです。

食物アレルギーにもおすすめのモグワンといわれますが、実際はどうなのかご紹介します。

アレルギー対策のドッグフードを選ぶポイント

1.主原料の肉を選ぶ

もともと犬は肉食動物。

そのため、肉をたっぷりと含んだドッグフードがいいといわれています。

しかし、そのドッグフードに含まれている肉がアレルゲンとなり食物アレルギーを引き起こしていることもあります。

大事なのは、どの肉で愛犬がアレルギーを起こしているかということ。

ドッグフードには、主に牛肉や鶏肉、ラムや鹿肉があります。

牛肉で愛犬がなんらかの反応を示したら、鶏肉などに変えるようにしてみましょう。

さらに、肉よりも魚がメインのドッグフードであれば、アレルギーが出にくいこともあります。

栄養もたっぷりととれるのでおすすめです。

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶ

ドッグフードがアレルギーの原因となるときに、一番の原因となりやすいのが小麦やとうもろこしなどの穀物です。

犬は、穀物類をうまく消化できません。

そのため、穀物類がたくさん入っているドッグフードは、愛犬の体に負担を与えることになり、アレルギーを引き起こしてしまうのです。

できることなら、グレインフリーのドッグフードを選ぶのがおすすめです。

3.無添加のドッグフードを選ぶ

添加物は、人間にとってもよくないもの。

それらが含まれているドッグフードが、愛犬にいいわけがありません。

ドッグフードに含まれている着色料や酸化防止剤などは、愛犬の体にとってとても悪いもので、アレルギーを引き起こしてしまいます。

人間の食べ物には含んではいけないものが、ドッグフードに含まれていることもあるのです。

そのため、無添加のドッグフードを選ぶことが一番無難なのです。

特にBHAやBHTといった危険な添加物が含まれているドッグフードは避けましょう。

※BHA(ブルチヒドキシアニソール)

発がん性があるということで、一般食品には使用禁止になったもの。

※BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する可能性があると言われている添加物。

モグワンがアレルギーにおすすめな理由とは?

では、気になるのが人気のモグワンがアレルギーのある犬にもおすすめなのか…ということ。結論からいいますと、モグワンはとてもおすすめのドッグフードです。

1.穀物不使用(トウモロコシ・小麦不使用)

市販のドッグフードは、ほとんどの場合穀物をメインにして作られています。

小麦やとうもろこしなどの穀物は、ドッグフードによく含まれている原材料。

しかし、犬にとっては苦手な食べ物なのです。

それは、上記でも述べたように、小麦やとうもろこしなどの穀物はアレルギーを起こしやすいから。

そのなかでも、グルテンを含む小麦はアレルゲンになりやすいのです。

最近では、人間の食べ物でもグルテンフリーが健康にいいといわれていますよね。

それと同じです。

愛犬にとっても、グルテンフリーのほうが体にはいいのです。

さらに、ドッグフードに使用されている小麦やとうもろこしなどの穀物は、質の悪いもの。

廃棄する前のカスのようなものを集めただけ。

栄養なんてありません。

かさ増しのためだけに、配合されているようなものなのです。

最近では、犬の寿命も延びてきているといわれています。

しかし、その一方でアレルギーになる犬も増えているのです。

それは、安いドッグフードが出回っているせいといえます。

モグワンは、小麦やとうもろこしなどの穀物は使用していません。

グレインフリーのドッグフードなので、安心して愛犬に与えることができます。

2.人工添加物不使用

小麦やとうもろこしなどの穀物以外にも、添加物によるアレルギーを引き起こしている愛犬が増えてきています。

人口添加物とは、化学的に合成されたもの。

自然なものではありません。

そんな添加物に、愛犬の体が拒否反応を起こしているのです。

食物アレルギーが原因とは限らず、添加物が原因ということも多々あります。

危険な添加物(一部)

BHA/BHT/エトキシキン(酸化防止剤)・・・発がん性などのリスク

赤色〇号など(着色料) ⇒発がん性、遺伝毒性、染色体異常などのリスク

亜硝酸ナトリウム(発色剤) ⇒発がん性などのリスク

モグワンは、できるだけ自然のもので作られています。粗悪な人工添加物は使っていないので、安心して愛犬にあてることができますね!モグワンの保存料には、自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しています。

また、自然な食材をそのままを使用することを大切にし、人口調味料や着色料は一切使用していないので安全性にも優れています。ミックストコフェロール(ビタミンE)とは、人間の食品にもよく使用される酸化防止剤の役割を果たすものです。

自然由来なので、安心できるでしょう。

3.良質な動物性タンパク質配合で皮膚機能UP!

市販のドッグフードのたんぱく源は、小麦やとうもろこしなどの穀物が主になっています。

これは、植物性たんぱく質。しかし、犬はもともと肉食動物。そのため、動物性たんぱく質が必要なのです。モグワンには、チキンの生肉とサーモンが贅沢に使われています。動物性たんぱく質をたっぷりと摂取できるのがモグワン。

同じたんぱく質であっても、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質では、栄養素が異なります。動物性たんぱく質の方が、必須アミノ酸などをバランスよく含んでいるのです。そして、肉食動物である犬にすると、動物性たんぱく質の方が吸収しやすいのです。

植物性たんぱく質だと、吸収されずにそのままうんちとなって出てきてしまいます。人間もそうですが、犬の毛や皮膚、内臓などはたんぱく質でできています。だからこそ、大事な栄養素をたっぷりと吸収する必要があるのです。

動物性たんぱく質を摂取することで、皮膚が綺麗になることも期待されます。

実際に、湿疹のあった愛犬にモグワンに切り替えると3か月ほどで湿疹がおさまった、という口コミなどもあります。その愛犬は、小さいころから穀物メインのドッグフードを与えられていたそうです。

体を痒がっている…ということに気づき、体を診てみると湿疹があったそうです。獣医さんには、アレルギーでしょうね…と言われたまま、特定できなかったそうです。

それだけ、犬のアレルゲンの特定は難しいようです。もし、あなたの愛犬が体を痒がっていたり、何かアレルギー反応がでているようなら、まずはドッグフードを見直してみましょう。

グレインフリーで添加物なし、質のいい動物性たんぱく質を含んだモグワンに切り替えるだけで、それらの反応が消える可能性があります。愛犬の健康のためにも、体の中から労わってあげてくださいね。

あわせて読みたい
モグワンのお試しは初回半額と100円モニター
モグワンの初回半額キャンペーンと100円モニターの違いって? モグワンのお試しは初回半額と100円モニターがある! 公式サイト アマゾン ヤフー 通常販売 3,...