犬種別にモグワンを調査

フレンチブルドッグの性格や特徴からモグワンを与える場合の注意点とは!?

モグワンとフレンチブルドッグ
「モグワンと私」編集長
「モグワンと私」編集長

こんにちは!「モグワンと私」編集者のヒロミです!

フレンチブルドッグは、パグに似ていてとても人気の高い犬種の一つ。

鼻がぺちゃんとしていて、なんとも愛くるしい表情に癒される飼い主さんも多いことでしょう。

そんなフレンチブルドッグですが、どんな性格や特徴、かかりやすい病気があるのでしょうか。今回は、その上でおすすめのドッグフードをご紹介します。

フレンチブルドッグの特徴

フレンチブルドッグは、18世紀ごろ、イギリスからフランスに移住した人たちが持ち込んだ犬だそうです。

フレンチブルドッグの体つきは、筋肉質でしっかりとしています。そして、ぺちゃんこの鼻が一番の特徴でしょう。

さらに、こうもりの羽のような耳。

これはブルドッグにはない特徴で、フレンチブルドッグのみ見られます。

頭から肩辺りにしわがあり、たるんだ皮膚も触りたくなりますね。

 

フレンチブルドッグの平均体重は、10~13kg。

平均寿命は、10~12歳といわれています。

 

 

フレンチブルドッグの性格

 

フレンチブルドッグは、楽しいことが大好きな犬!

陽気な性格で、飼い主さんを喜ばせます。

ただし、たまにブルドッグの頑固な一面も見ることがあるでしょう。

 

基本的な性格は、人懐っこくて甘えん坊。

小型犬ですが、力は強いです。

そのため、小さいお子さんがいる家庭は、お子さんが押し倒されないように気をつけましょう。

フレンチブルドッグからすると、悪気はありません。

ただ遊んだりじゃれたりしているだけなので、あまり怒らないようにしましょう。

 

フレンチブルドッグは、あまり吠えません。

そのため、室内犬としてもとても飼いやすい犬種です。

おだやかなので、部屋の中を走り回ったりするタイプでもありません。

室内犬としては、ベストな犬種です。

 

 

フレンチブルドッグの魅力

 

1.愛くるしい見た目

フレンチブルドッグの見た目は、なんだか馬鹿っぽい…と思うこともあるでしょう。

しかし、これがまた可愛らしいのです。

実際に会ってみると、なんともいえない顔に愛着がわいてくるはずです。

 

2.実は番犬として向いている

フレンチブルドッグは、あまり吠えません。

しかし、意外と番犬に向いているのです。

フレンチブルドッグは、牛追い犬とテリアの血が入っています。

そのため、番犬としての素質を持っています。

 

3.手入れが楽

フレンチブルドッグの被毛は短いです。

そのため、日頃の手入れは軽いブラッシングで充分です。

ただし、しわの隙間のブラッシングをよく忘れるので、ここは丁寧にしましょう。

柔らかい布、もしくは綿棒で週一回ほど綺麗にしてあげることです。

 

4.運動が少なめで楽

犬種によっては、散歩が1時間ほど必要な犬もいます。

フレンチブルドッグの散歩は、1日30分程度で大丈夫です。

そのため、仕事などで忙しい人には向いている犬種です。

暑さや寒さに弱いフレンチブルドッグ。

そして、泳げない事に気をつけましょう。

 

5.性格が温厚

フレンチブルドッグの中には、怒ると暴れる犬もいます。

しかし、基本的には温厚な性格です。

飼い主さんにしっかりと愛情を示すので、可愛くてたまらないでしょう。

 

 

フレンチブルドッグのかかりやすい病気

 

1.皮膚病

フレンチブルドッグは、他の犬と比べてみて皮膚が弱い犬種。

そのため、皮膚病疾患にかかりやすくなっています。

最も多いのが、アレルギー性皮膚炎とアトピー性皮膚炎です。

どちらの症状も、愛犬が頻繁に体を掻いたり舐めたりするようなら要注意。

さらに、悪化することがあるので、早めの対策が必要です。

 

皮膚病は、とても恐ろしい病気。

しかし、飼い主さんの努力で予防できる病気でもあります。

予防法としては、いつも愛犬の体を清潔にしておくこと。

愛犬のベッドやおもちゃ、お皿なども綺麗にしておきましょう。

 

さらに、食べ物が原因でこれらの病気にかかることもあります。

そのため、体に合ったものを選んであげること。

そして、異常を見つけたら、すぐに動物病院へと連れていってあげましょう。

早めの発見と治療が大切です。

 

2.熱中症

フレンチブルドッグは、肌が薄く呼吸機能が弱い犬種。

そのため、熱中症にかかりやすいのです。

症状は、口を大きく開けて息苦しそうに呼吸をしていたり、よだれをたくさん出すことがあります。

悪化すると、意識がなくなるので、痙攣を引き起こしたり、最悪の場合は命を落とすことにもなります。

 

対処法としては、散歩の時間を夕方や夜にすること。

室内では、クーラーをかけることも大切です。

車内の温度も気をつけましょう。

もし、熱中症にかかってしまった場合は、愛犬の体を冷水で冷やしてあげること。

そして、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

3.膝蓋骨脱臼

この病気は、小型犬によく見られます。

膝のお皿の骨が分離し、内側にずれてくるのが症状です。

 

軽度の場合は、自然治癒することもあります。

しかし、重度になると手術が必要になります。

愛犬の歩き方に違和感があったら獣医師に相談しましょう。

そして、ひどくなる前になるべくはやめに治しましょう。

 

この病気を予防するには、膝に負担をかけないこと。

フローリングなどすべりやすい床は要注意。

絨毯やマットなどを敷いて、膝への負担を減らしてあげましょう。

 

フレンチブルドッグにおすすめドッグフードは?

フレンチブルドッグが元気で健康に過ごすためには、かかりやすい病気に対して、しっかり予防できるドッグフードであることがポイントです。

かかりやすい病気の原因には、食生活がカギとなります。

人間と同じことなので、犬の食生活にも気をつけてあげましょう。

 

フレンチブルドッグがかかりやすい病気の一つである「皮膚病」は、ドッグフードの質の悪い原材料や、危険な添加物が原因になる可能性が高いです。

 

特に、フレンチブルドッグは、皮膚が弱く、皮膚病疾患にかかりやすい犬種です。

そのため、これをしっかり対策できているドッグフードかどうかが絶対条件です。

 

多くの人が思っている以上に、市販のドッグフードにはとても質の悪い原材料や添加物が配合されています。

フレンチブルドッグは小型犬なので、これらを食べていると、直接体に影響があることでしょう。

ドッグフードが致命傷となって、病気にかかることもあります。

 

いま現在は、愛犬はとても元気!病気にもかかっていないし…と思うかもしれません。

しかし、そのまま質の悪いドッグフードを与えていると、将来がどうなるかはわからないでしょう。

愛犬の将来のためにも、いま与えているドッグフードを見直してみましょう。

 

 

フレンチブルドッグにおすすめのモグワン

 

フレンチブルドッグのおすすめのドッグフードは、人気のモグワン。

ドッグフードの中でも、安全で高評価のドッグフードなのです。

 

モグワンをおすすめする理由としては、まずモグワンはグレインフリーです。

アレルギーを引き起こす、小麦やとうもろこしなどの穀物が一切含まれていません。

 

さらに、無添加なので、皮膚病の原因となるものも入っていないのです。

フレンチブルドッグがかかりやすい皮膚病を心配しなくてもいいのでおすすめです。

アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの予防も期待できるモグワン。

フレンチブルドッグには、ぴったりのドッグフードといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

愛犬のフレンチブルドッグにどのドッグフードを与えていいのかわからない…という場合は、ぜひモグワンを試してみてください。

もし、すでに皮膚病などで悩んでいる飼い主さんにも、おすすめのドッグフードです。

根気強くモグワンを与えることで、愛犬の体調がよくなることでしょう。

あわせて読みたい
モグワンのお試しは初回半額と100円モニター
モグワンの初回半額キャンペーンと100円モニターの違いって? モグワンのお試しは初回半額と100円モニターがある! 公式サイト アマゾン ヤフー 通常販売 3,...