モグワンを徹底解析

モグワンのドッグフードを老犬に与えたいけど、成分値など適正なの?

モグワンを老犬に与えても大丈夫?
「モグワンと私」編集長
「モグワンと私」編集長

こんにちは!「モグワンと私」編集者のヒロミです!

犬も家族の一員ですので、健康で長生きをしてほしいものですよね^^

では、犬の健康で長生きをする秘訣を考えると・・・人間と同じように適度な運動と、良質な栄養バランスに優れた食事(ドッグフード)になります!

そこで、元気よく長生きをしてほしいという時に、当サイト管理人の愛犬にも与えていてオススメの食事が、「モグワンドッグフード」ですね!今回は、モグワンのドッグフードが何故、老犬(高齢犬・シニア)におすすめなのかを徹底解析してみようと思います。

また、モグワンの成分値は適正なのかも気になりますよね・・・?自称ドッグフードマニアの私が、しっかりと分析した結果を嘘偽りなくお伝えしますので、参考にしてみてくださいね♪

モグワンを老犬に与えても大丈夫なの?

モグワンのドッグフードは、犬猫用のペットフードを販売している株式会社レティシアンが2年の歳月をかけて作った新しいオリジナルドッグフードです!そして、グルテンフリー、野菜やフルーツがたっぷり使用しているので老犬の健康サポートとしてもおすすめです♪

さらに、新鮮な肉類(チキン&サーモン)を主原料に50%以上も使用している動物性たんぱく質が豊富なドッグフードになっています。なので、粗悪な肉類を使用しているフードとは違い、素材をごまかす必要がないので無添加となっているところも安全ポイントです!

手作りレシピをもとに作られているスペシャルドッグフードのモグワンは、1日の給与量を変えることによって子犬や成犬、高齢犬まで幅広く食べさせることができるように作られています。

粒の大きさは小さいため、口の小さい子犬や小型犬でも合うように作られているのも嬉しいポイントです。

モグワンに使用している食材の安全性は信頼できる!?

モグワンに使用されている食材は信頼できるのでしょうか・・・?心配されている方も多いと思いますが、モグワンが選ばれる理由としては、まず安心できる素材で作られていることが挙げられます。

チキンとサーモンが主原料になっている!

人間でも食べられるヒューマングレードの食材のみを使用しており、脂質の低い上質なタンパク質であるチキン、還元作用の高いアスタキサンチンや健康を維持するDHA・EPAを含んだサーモンを主原料に考えられたレシピです。

ココナッツオイルやリンゴで肥満や腸内環境改善!

ココナッツオイルには吸収分解が早く、その中の成分である中鎖脂肪酸はエネルギーになりやすく脂肪をつきにくくしてくれます。さらに、リンゴには腸内環境を良くするペクチンやクエン酸、リンゴ酸やポリフェノールが多く含まれています。

食物繊維が豊富なカボチャ!

美容のコンディションを保つカロテンや食物繊維が豊富なかぼちゃなども含まれて栄養満点なところがうれしいですね♪通常ドッグフードでは高価すぎて使えない食材も厳選して使われているため、美味しく食べやくなっています。

穀物や添加物も不使用!

また、これらの材料で作ったドッグフードは厳密な製品テストをクリアしたものだけを販売しています。モグワンドッグフードは、犬に必要のない穀物や人工添加物などは使用していないのも安心できます。

美味しさや栄養バランス、安全性にこだわり抜いて考案した特別なレシピは犬の食欲を満足させます。

また、季節に合わせてトマトやキュウリなどの野菜をプラスしたり、根野菜のスープを加えることができるなどのアレンジをすることで飽きさせない工夫をすることも可能です。

犬の健康を守るのは飼い主の義務ともいます。健康に気遣ってきちんとした餌与えたい、なるべく餌を変えたくないという場合には、オススメのドッグフードといえます。

モグワンドッグフードは通販での取り扱いで、定期コースなどもあるため買い忘れなどを防げます。

では、モグワンドッグフードは老犬におすすめ?

まず、結論から伝えますと…モグワンドッグフードは高齢犬にもおすすめです。

抗酸化作用もたっぷり含んでいるモグワン。なので、高齢犬にぴったりのドッグフードなのです。モグワンドッグフードは、高齢犬用のドッグフードじゃないけど大丈夫なの…と心配している飼い主さんもいるでしょう。

しかし、モグワンドッグフードは全犬種。全ライフステージに合うように開発された高品質のドッグフード。

そのため、高齢犬でも問題なく与えることができるのです。

市販で売られている「高齢犬用」と書かれているものは、マーケティング手法によるもの。消費者は、○○犬用と書かれているだけで、自然とそっちのドッグフードを選ぶようになっているのです。

不思議ですが、これが人間の心理なんですね。どれがいいかわからない・・・となったときに選ぶのは、○○犬用と書かれているものだと思います。

しかし、実際に中身などを見てみると、他のドッグフードとそれほど変わらない・・・というのが事実なのです。飼い主さんがドッグフードを買うときに気をつけないといけないのは、○○犬用と書かれているかどうかではなく、質を見極めることですね!

○○犬用と書かれていても、質が悪ければ、愛犬の体にはよくありません。

コストの低い、小麦やとうもろこしなどの穀物を使用していたり、お肉などの質が悪いことも多々あります。そんなドッグフードを高齢犬に与えると、健康をサポートする以前に、病気になるリスクが高くなります。

愛犬の健康のことを考えたドッグフードをしっかりと選ぶようにしましょう。

モグワンが高齢犬におすすめの理由

1.モグワンは良質なたんぱく質が配合されている

たんぱく質は、愛犬にとってとても大切な栄養素。骨や毛、筋肉などのもとになっているのがたんぱく質です。モグワンの栄養素を見てみると、たんぱく質が28%も配合されています。

高齢犬にたんぱく質をたっぷりと与えても大丈夫なの…と思う飼い主さんもいることでしょう。実は、高齢犬こそたんぱく質が必要なステージです。たんぱく質が不足すると、体に影響を及ぼす可能性はとても高くなります。

免疫力が低下し病気にかかったり、皮膚トラブルを引き起こすこともあります。モグワンドッグフードは、良質なチキンの生肉にサーモンが50%も配合されています。これほど質のいい動物性たんぱく質がとれるドッグフードなので、高齢犬にもおすすめです。

そして、何よりもモグワンドッグフードは全て人間でも食べられる原材料で作られています。だからこそ、愛犬に安心して与えることができます。

2.モグワンは関節サポート成分も配合されている

高齢犬で気をつけないといけないのは、関節。人間と同じように、犬も年齢を重ねると関節が弱ってきます。だからこそ、ドッグフードに関節サポート成分が配合されているかどうかがポイントになってきます。

関節サポートに大事なのは、グルコサミンやコンドロイチン。グルコサミンは、軟骨が作られるのを補助。そして、コンドロイチンは潤滑油の役割を果たします。そのため、滑りがよくなるので関節炎などを予防します。

高齢犬用となっているドッグフードであれば、これらの成分は配合されていることでしょう。しかし、モグワンはこの2つの成分のほかに、MSM(メチルサルフォニルメタン)という成分も配合されています。

この成分のおかげで、より関節サポートに効果がでるのです。

メチルサルフォニルメタンとは?

自然界、そして人間の体の中に存在している、有機イオウ化合物のことです。関節痛などの痛みを緩和する鎮痛作用や炎症を抑える作用が期待できます。特にグルコサミンと一緒に摂取することで、より効果的といわれています。

3.モグワンは低カロリーかつ低脂肪

3つ目の理由としては、モグワンは低カロリーで低脂肪であること。高齢犬になると、足腰も弱くなり、運動時間が短くなってくるでしょう。消費カロリーが減ることで、太りやすくなってしまいます。人間でも犬でも、肥満は大敵。

体重が増えることで、関節にも負担がかかってくるでしょう。そこで大事なのが、低カロリーで低脂肪のドッグフードを与えること。他のドッグフードと比べてみると、モグワンドッグフードのカロリーは100gあたり344㎉。

他のドッグフードであれば、360㎉や397㎉などになるので、どれだけ低カロリーかどうかがわかります。高齢犬という理由のみならず、愛犬のダイエットのために…ということでモグワンドッグフードに切り替える飼い主さんも多いのです。

4.抗酸化作用の効果が期待できる

モグワンドッグフードは、手作りのドッグフードというのがコンセプト。そのため、良質なたんぱく質だけでなく、野菜や果物もたっぷりと配合されています。野菜や果物が多く含まれていることで、酵素が自然と多くなっています。

酵素は、愛犬にとっても欠かせないもの。病気しにくくなり、免疫力アップにもつながります。

さらに、最近話題のココナッツオイルがモグワンにも配合されているのでおすすめ。ココナッツオイルも抗酸化作用がたっぷりと配合されていて、酵素と同じような働きをしてくれます。

まさに、愛犬の健康を考えるのであれば、モグワンはとてもおすすめのドッグフードといえます。

高齢犬のドッグフードに切り替える時期は?

高齢犬となるのは、愛犬のサイズによって寿命が異なるので少し差があります。

小型犬や中型犬であれば、8前後。大型犬であれば7歳くらいでモグワンに切り替えるといいでしょう。

しかし、実際にこの年齢になる前から愛犬の体の中で弱くなっていることもあります。目にみえないことなので、早くモグワンに切り替えても損はありません。

また、老化の進行は犬によって違います。7歳や8歳が目安となっていても、早めの切り替えがおすすめです。この時期になって、慌てて高齢犬のドッグフードに切り替えるよりは、様子を見ながら早めの対策が大事なのです。

愛犬の運動量や食欲を毎日観察するようにしましょう。

モグワンであれば、子犬期から成犬、高齢犬まで与えることができるドッグフード。そのため、もしあなたがモグワンを子犬期のころから与えていれば、体が弱ってきたかな…と思ったときに、切り替える必要はありません。

子犬期から、健康な体をつくってあげることもできるのがモグワンドッグフードなのです。

高齢犬のドッグフードの与え方は?

高齢犬になると、消化機能が低下してきます。そのため、1回の食事量を減らし、食事の回数を増やすのがおすすめです。

子犬期のころのように、食事量を減らし、回数を3-4回にしてみましょう。また、高齢犬になるとあごや歯の力も衰えてきます。そのため、ドッグフードを水でふやかしてあげるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

高齢犬になると、関節が弱ってきたり、免疫力が低下したりしてきます。

愛犬にたっぷりとした栄養を与えられるように、モグワンドッグフードのような高品質のドッグフードを選ぶようにしましょう。

下記では、損せずモグワンを購入する方法をお教えしていますので、参考にしてみてくださいね♪

あわせて読みたい
モグワンのお試しは初回半額と100円モニター
モグワンの初回半額キャンペーンと100円モニターの違いって? モグワンのお試しは初回半額と100円モニターがある! 公式サイト アマゾン ヤフー 通常販売 3,...