モグワンを徹底解析

モグワンドッグフードの野菜とフルーツって本当におすすめ?

モグワンの野菜やフルーツってどうなの?
「モグワンと私」編集長
「モグワンと私」編集長
こんにちは!「モグワンと私」編集部です!

食欲にむらがあったり好き嫌いが多い子、消化吸収する力が弱い若犬や老犬、アレルギーで軟便や皮膚の荒れに悩んでいる子など、日々の生活の中でトラブルや悩みを抱えるわんちゃんと飼い主は少なくありません。

毎日与えるドッグフードを良質なものに変えれば身体の中から変わっていきいずれは病気をしにくい健康な身体になるのは確かですね!

しかし、今あげているフードから変えても食い付きが悪かったり、どのフードが良いのかよく分からず結局同じフードをあげ続けているケースもたくさんあります。

愛犬をサポートするドッグフードを与えて、いつまでも健康的で元気に、少しでも長く愛犬と生活していきたいと思っている人の参考になれば幸いです!

モグワンに使われている野菜やフルーツって必要!?

モグワンが野菜やフルーツを使っている理由?

モグワンドッグフードは毎日の食事から健康を作るという考え方を大切にし、さらに嗜好性にも配慮したスペシャルフードです。

このフードの特徴は何と言っても人間と同じ基準で選ばれた原材料の質の高さにあります。50%を超える動物性たんぱく質の原材料である肉類は、産地や育て方にもこだわっています。

またアレルギーや消化不良の原因となり得るグレインを含んでいないため、お腹の弱い子や皮膚が荒れやすい子にも安心してあげることができます。

そんな高品質の原材料にこだわるモグワンドッグフードですが、野菜やフルーツをふんだんに使っているという点もメリットとして挙げています。

下記からは、そのメリットについてお教えしますね!

モグワンの原材料に入っている野菜やフルーツとは?

モグワンの野菜やフルーツのメリット

わんちゃんは肉食というイメージが強く肉や魚をあげている人は多いかもしれませんが、野菜やフルーツをあげると良いという印象はなかなか思い浮かびません。

しかし、実は犬は雑食の動物で、肉類だけでなく野菜やフルーツも好んで食べ、しっかり消化吸収できるのです。野菜やフルーツには人間にとってもメリットがたくさんあるのと同じように犬にも健康に多いに役立ちます。

ビタミンなどの栄養価は生きる上で欠かせませんし、食物繊維も豊富です。皮膚や毛質を整える成分、若々しさを保つ成分、疲労回復に役立つ成分など、肉類だけでは補えない栄養素がたくさん含まれています。

これらをバランスよく配合しているモグワンドッグフードなら、身体の内側から健康になることができるのです。

モグワンは手作り食をコンセプトにしているから野菜やフルーツが必要!

モグワンの野菜やフルーツは手作り食がコンセプト!

モグワンドッグフードのもう一つの魅力として、手作り食との相性がとても良い点があります。もちろんこれだけ与えても栄養は十分ですし、高品質な原材料から出る香りや味はわんちゃんの食欲を刺激し、食いつきの改善にも繋がります。

ただ、添加物を使用していないシンプルなフードですので、愛犬とのコミュニケーションや日々の食事の楽しみとして手作り食をあげたいという飼い主のために、お肉や野菜、フルーツをトッピングしてアレンジしやすく作られています。

モグワンドッグフードは愛犬と飼い主を結ぶ、絆のような役割も果たしてくれます。

モグワンの前にドッグフードの3つの正しい選び方

モグワンのドッグフードをご紹介する前に、無添加ドッグフードの正しい選び方をご説明します!まず、どういうドッグフードを選べば健康維持におすすめなのか・・・?を知ってもらえると幸いです^^

1、無添加で愛犬の体に害がないドッグフードを選ぶ

無添加ドッグフード

危険な人口添加物を使った、食いつき(香味料)や見た目(着色料)などを誤魔化しているドッグフードがあるのはみなさんもご存じですよね!

また、長期保存できるように、酸化防止剤や保存料として、猛毒なBHTやソルビン酸カリウムなどを使用しているメーカーもあります。危険な添加物を使用することで、ガンになるリスクがあると言われているので、できるだけ使用していないドッグフードを選びましょう!

そもそも、ドライドッグフードの無添加とは、危険な添加物を使用していない商品の事で、完全無添加ということは難しいのが現実です。

無添加と記載されているドッグフードでも、天然素材の添加物(ミックストコフェロールなどのビタミンE)や、ミネラル・ビタミンなどを添加しているので、無添加?と思われる人も多いですが、犬の健康維持の為に使用しているので安全ですよ!

2、原材料をチェックして良質なドッグフードを選ぶ

原材料をしっかりとチェック

有名なドッグフードだから、絶対に安全という事はありません。例えば、日本国内で販売されているドッグフード(総合栄養食)は、AAFCO基準値内であることで安心感がありますが、あくまでも基準値というだけで、それなりのドッグフードが多いのも事実ですね!

その中でも、犬の健康維持や、病気になるリスクを減らすためにも、良質な食材を使用しているドッグフードを与えて、サポートしてあげましょう。

「AAFCO」とは米国飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official)の略称です。
AAFCOでは、ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定しており、日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。
AAFCOは基準を提示している機関であり、フードの検査を行ったり、認定や承認は行いません。

引用元:ロイヤルカナン

3、続けやすい価格のドッグフードを選ぶ

続けやすい価格のドッグフード

安価な物や、高価なドッグフードなど、多くの商品が販売されていて、どれを選べばいいのかわからなくなりますよね・・・。さらに、安いドッグフードの原材料を見ていると、危険な4Dや粗悪な原材料を使用していて、犬の事を考えて製造されているのか不安な商品もあります。

そして、高価過ぎるドッグフードの原材料を見ていても、2kgで10,000円ほどする物もありますが、同じ良質な内容で価格は半分以下で購入出来るものまで様々ですね・・・。

あるドッグフードとモグワンの原材料を比較していても、モグワンの方が断然優れているのに、あるドッグフードの方が倍以上の価格で販売されていることも調べて分かりました。

高価であれば、より優れているという考えでは、購入金額と原材料が合っていないこともありますので、しっかりとチェックして、続けやすいドッグフードを選ぶことをおすすめします!

モグワンを試した私の口コミ