犬種別にモグワンを調査

トイプードルの性格や特徴からみてモグワンはおすすめ?与える場合の注意点とは!?

モグワンとトイプードル
「モグワンと私」編集長
「モグワンと私」編集長

こんにちは!「モグワンと私」編集者のヒロミです!

大人気で高評価のモグワンドッグフード。

全犬種・全ライフステージにおすすめのドッグフードと言われているモグワンですが、トイプードルにもぴったりと相性は合うのでしょうか。

トイプードルはペットとして人気で飼っている人も多いかと思います。

そこで今回は、トイプードルの性格や特徴からモグワンがおすすめかどうかをご紹介します。

トイプードルの特徴

トイプードルは、ここ数年ペットとしてとても人気の高い犬種の一つ。

可愛い見た目もですが、トイプードルはしつけや世話が他の犬に比べて簡単と言われています。見た目の特徴は、なんといってもクルクルのカールした巻き毛。

この巻き毛がなんとも可愛いですよね。

トイプードルの被毛は、シングルコート。普通犬の体には、オーバーコートとアンダーコートという二重の被毛が生えています。しかし、シングルコートの場合はオーバーコートがほとんどありません。

そして、アンダーコートが多く、かつ抜けないため、抜け毛の時期がないのです。

被毛が伸び続けていくので、トイプードルの毛をトリミングしないと、見た目がどんどんと変わっていきます。

そのため、トイプードルは定期的なトリミングが必要なのです。

トリミングが必要なトイプードルですが、抜け毛がないのでアレルギーを持っている人でも、わりと飼いやすい犬種となります。

犬の被毛にアレルギーのあるとなかなか犬を飼うことはできませんが、トイプードルは抜け毛が少なく空気中に舞うことがありません。

なので、アレルギーを心配することなく飼うことができるでしょう。

トイプードルの性格

トイプードルの性格は、よく賢くて、フレンドリー、でも甘えん坊…と表現されることが多いでしょう。

被毛のカラーによって性格が少し異なると言われているものの、基本的には似ています。

誰にでも愛されるのがトイプードルの可愛さですね。なかでも、トイプードルは賢い犬種として人気があります。賢い犬なので、しつけなどが簡単なのです。

また、飼い主さんにも従順なトイプードル。

初めて犬を飼うのであれば、トイプードルがおすすめと言われています。

トイプードルに多い病気

そんな人気のトイプードルですが、トイプードルがかかりやすい病気もあります。飼育環境によって寿命は変わってきますが、トイプードルの平均寿命は14-17年。

トイプードルがかかりやすい病気を事前に知っておいて、早めの予防を心がけましょう。

1.膝蓋骨脱臼

これは、後ろ足の膝のお皿が外れてしまう病気。

遺伝が原因の先天性の場合もあります。しかし、高いところからジャンプをしたり、滑りやすい床を歩くことで発症することもあります。

予防法としては、親犬にこの症状がないか確認すること。

子犬の頃から歩く場所に、じゅうたんなどを敷いたりして滑りにくい環境を作ってあげること。

2.外耳炎

トイプードルは垂れ耳で被毛も多いので外耳炎になりやすいです。

耳の中が汚れたままになっていたり、ダニが入ると、垂れ下がった耳により細菌が繁殖しやすい環境となります。かゆみや赤み、炎症が起こり外耳炎となります。

すぐに病院で診てもらい、中耳炎、内耳炎に発展するのを防ぎましょう。

3.涙やけ

涙やけとは涙がたくさん流れること。

目の周りについた涙に、バクテリアが繁殖し、目の下あたりが赤茶色に変色するのです。原因は遺伝。もしくは、与えているドッグフードに対する食物アレルギーにより涙やけを起こすこともあります。

定期的に目の周りのお手入れをすること。

涙やけがひどい場合は、ドッグフードを変えることも大切です。

4.アレルギー

体内の免疫システムの異常が原因で、皮膚炎を起こすアトピー性皮膚炎と食物アレルギーがあります。

どちらも目や耳、口、おなか周りなどにかゆみや発疹がでてきます。

食物アレルギーの場合は、下痢やおう吐といった症状が見られることもあります。原因は花粉やハウスダスト、カビやダニといった環境によるもの。

もしくは、ドッグフードに含まれているアレルゲン原材料があります。

よくあるトイプードルの飼い主さんの悩み

賢くて、しつけなどがしやすいトイプードル。それでも、飼い主さんの悩みがゼロというわけではありません。

トイプードルの飼い主さんの悩みとしては…

  • ドッグフードを食べてくれない
  • おなかが弱い
  • 皮膚炎をおこす

などがあります。

トイプードルは、体が小さくあまりドッグフードを食べないことがあります。また、消化吸収も他の犬種と比べてみると、低いということもあり、おなかが弱い特徴があります。

涙やけや皮膚炎は、ドッグフードのアレルギーが原因と考えられるでしょう。

ドッグフードを選ぶときのポイント

上記では、トイプードルの特徴やかかりやすい病気などを説明してきました。トイプードルの病気の原因となっているのは、ほとんどの場合がドッグフードによるもの。

飼い主さんがどのようなドッグフードを選ぶかによって、愛犬の健康も左右されるということです。

1.原材料

まず、トイプードルのドッグフードを選ぶときは、原材料をチェックしてみましょう。原材料の一番に、肉や魚になっていること。一番に書かれているということは、肉や魚がメインのドッグフードということがわかります。

犬は、もともと肉食動物。そのため、必要な栄養素は動物性たんぱく質なのです。

肉や魚がメインのドッグフードであれば、たっぷりと動物性たんぱく質を摂取することができます。

肉の品質

原材料の最初に、肉や魚が書かれているとしましょう。しかし、その品質がいいものでなければ、意味がありません。そのため、原材料の品質をチェックすることも大切です。

「○○ミール、○○パウダー、肉副産物」と書かれていればアウト!これらは、廃棄されるような質のものです。これらを元に作られたドッグフードは、愛犬にとってもいいわけがありません。

おすすめなのは、ヒューマングレードドッグフード。人間が食べられるドッグフードのことです。ドッグフードのウェブサイトなどをチェックしてみて、どれだけ安全かを確認しましょう。

グレインフリー

穀物は、体に必要なのでは…と思っている飼い主さんもいることでしょう。しかし、犬は穀物を簡単に消化することができません。人間と違うので、消化器官に負担をかけてしまうのです。

アレルギーを引き起こすこともあり、下痢や嘔吐をしてしまう愛犬もいるでしょう。そこで、ドッグフードを選ぶときはグレインフリーのものにすること。小麦やとうもろこしなどの穀物が原材料に書かれていないかどうかがポイントです。

特に、上記でも述べたように、トイプードルはおなかが弱いのが特徴。消化吸収に優しいドッグフードを選ぶためにも、グレインフリーのドッグフードにしてあげましょう。

2.添加物

原材料の次にチェックをしないといけないのが、添加物。

多くのドッグフードには、見た目をよくしたり風味を追加するためなどの理由で、添加物をたっぷり使っているものがあります。

添加物は、人間にもよくないもの。それを犬が摂取して、いいわけがありません。特に、トイプードルの体は小さいですよね。

そのため、ちょっとした添加物でも体に大きな影響を与えるのです。

トイプードルにおすすめのドッグフードは「モグワン」

上記で説明したことをふまえると…トイプードルにおすすめのドッグフードはモグワンです。

モグワンは、原材料にたっぷりの動物性たんぱく質を使用していること。グレインフリーで添加物のないドッグフードなのです。ヒューマングレードドッグフードなので、飼い主さんも安心して愛犬に与えることができるでしょう。

食いつきもいいという評判のモグワン。

食の細いトイプードルでも、しっかりと食べてくれるでしょう。そして、涙やけなどを起こしやすいトイプードル。ドッグフードをモグワンに変えるだけで、涙やけがとまることがあるので、ぜひ試してくださいね。

まとめ

いかがでしたか。

トイプードルは、とても飼いやすい犬種ですが、かかりやすい病気などはもちろんあります。

トイプードルの性格や特徴、それらの病気のことを考えると、モグワンが一番おすすめのドッグフードといえます。

愛犬の健康のためにも、モグワンに変えてみてくださいね。

あわせて読みたい
モグワンのお試しは初回半額と100円モニター
モグワンの初回半額キャンペーンと100円モニターの違いって? モグワンのお試しは初回半額と100円モニターがある! 公式サイト アマゾン ヤフー 通常販売 3,...